「志望校合格」、「資格取得」などを目標に日々勉強を頑張っているみなさん。 いっしょに「自分にあった学習法」を探してみませんか?

プロフィール 

長谷川哲夫

Author:長谷川哲夫
(財)生涯学習開発財団認定コーチ
米国NLP(TM)協会認定NLP(TM)マスタープラクティショナー
cb_bn[1]

●コーチングセッションを無料でお試しできます。
「自分自身の強みについて知りたい」
「コーチングってどんなものか、受けてみたい」
「自分がやりたいことを明確にしたい」
そんな思いをもっている方、ぜひ1度コーチングの世界を体験してみましょう!
きっと、今まで気付いていなかった本当の自分自身に気が付きます。
セッションは、電話もしくはスカイプで行います。お気軽にお申込み下さい。

パーソナルコーチング(無料お試し)受付中
お申込みはこちら↓

パーソナルコーチング(無料)



●あなたの優位感覚を診断します
このコーチングでは、優位感覚を診断し、あなたに合った学習方法について話したり、優位感覚の違いで起こっていた他者とのコミュニケーションにおけるすれ違いについて気づきが得られたりします。
セッションは、電話もしくはスカイプで行います。お気軽にお申込み下さい。

優位感覚コーチング(無料お試し)受付中
お申込みはこちら↓

優位感覚コーチング(無料)

読書カレンダー本棚ミニ 

最新記事 

カレンダー 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント 

最新トラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリ 

FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング 

ブログランキング参加中です!

FC2Blog Ranking

ポチッと押してくれるとうれしいです。

Tetsuo Hasegawa | バナーを作成

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

こんにちは。

ラーニングコーチ、学習コンサルタントの長谷川です。

いっしょにNLPを学んだ方に紹介していただいた書籍です。

NLP子育てコーチング―親の信頼がこどもを伸ばす



北欧につぐ子育て先進国ニュージーランドのNLPベテランコーチが0歳~15歳までのこどもの親に教えている9つのファミリースキル。
著者略歴
ボルスタッド,リチャード
国際NLP協会、およびNLPを指導する5つの国際的組織の認定トレーナー。ニュージーランド心理療法士協会のメンバー、臨床催眠の博士号を有する。戦後のボスニア・ヘルツェゴビナでの被災者支援の活動で知られる。現在は、世界各地を回り、心理療法士およびカウンセラーを対象にRESOLVEモデルの指導に当たっている


コーチングやNLPを学んでから、こどもたちとの接し方、私自身の振る舞い方が変わりました。

どんな行動にも「肯定的な意図」がある。その無意識を認めること。

「ものの見方」が変わることで、「体験」が変わる。日々、否定的な言葉をリフレーミングするようなコミュ二ケーションを意識すること。

「問題」ではなく、「どううまくやるか」に視点を切り替えること。「なぜ?」ではなく、「どうやって?」の質問にシフトすること。


言葉が変われば、体験が変わります。

言葉が変われば、信念が変わります。

言葉が変われば、生き方と振る舞い方が変わります。

本当に「言葉」は「魔法」と同意義だと思います。
スポンサーサイト
2011/07/31 23:59|読書TB:0CM:0

 

こんにちは。

ラーニングコーチ、学習コンサルタントの長谷川です。

今日は書籍の紹介です。

私がコーチングを学び始めたばかりのころ、毎晩読み返していた書籍です。



欧米で先行する各種コーチング方法論の中でもバイブル的存在の著作。コーチとクライアントのパワフルな協力関係を説く。プロをめざす人、管理職者などの必読書。
本書では、パーソナル・コーチングの中でも、「コーアクティブ・コーチング」という新しいアプローチを紹介する。本書は、プロのコーチ、またはこれからプロをめざす人たちに対して、よく吟味されたモデルを紹介し、多くのクライアントに対して効果があると実証された具体的なスキルやツールをわかりやすく伝えることにある。本書では、コーアクティブ・コーチングのモデルを詳説するとともに、代表的なスキルを定義し、コーチングの実例や実践的なエクササイズも随所に掲載した。




最近、アウトプットの量に比べて、インプットが少なくなってきています(汗)。

この夏、たくさん勉強しよう。
2011/07/28 23:59|読書TB:0CM:0

 

こんにちは。

ラーニングコーチ、学習コンサルタントの長谷川です。

どんな出来事にも、「きっかけ」ってありますよね。

私がコーチングを本格的に勉強しようと決めたきっかけになった書籍はこちらです。


「コーチングって、こういうことだったのか!」という気づき、本当に目からウロコの連続でした。



せっかくコーチングを学んだのに、現場へいくと「あれ? ケーススタディが全く役立たない!」
――すっかり身近になったコーチングですが、本質を理解し、現場で活用できている人は少ないようです。
本書では、多くの経営者・管理者を指導してきたカリスマ講師が、「実際に使えるコーチング」を平易に解説。
「コーチの基本は、聴いて・受け入れて・質問すること」「ひとは他人から命令されても軽やかに動かない」「銀座NO.1ホステスに見るコーチング」など、ユニークな視点を交えながら、コーチングする側の心構えを中心に説く。
スキル一辺倒に陥りがちな類書と違い、相手の心に届く実践的具体例が満載なので、現場で役立つこと請けあい!
「コーチングってそもそも何?」という初心者から「コーチングを学んだのにイマイチ使えない!」という悩める管理者まで、「これは使える!」と大評判。
この一冊で、もう部下指導は迷わない!



当時から、意識して取り組んでいたことがあります。

それは、「書籍を読んだら、何か1つでも実践してみる」ということ。


あと、「やってみてうまくいかなかったら、よくわかっている人に聞いてみる」ということ。

「聞きたいこと、知りたいこと」にアンテナを立てて研修やセミナーに行くと、学びや気づきがたくさんあります。



***************************
 7月24日(日)第9回コーチングフェアが開催されます。
 詳細は共育コーチング研究会のホームページへどうぞ。
 皆さんとお目にかかれることを楽しみにしています。
***************************
2011/07/06 03:23|読書TB:0CM:0

 

こんにちは。

ラーニングコーチ、学習コンサルタントの長谷川です。

仕事場のある方のお話で、以下の書籍が紹介されました。



これまでいくら本を読んでも、イメージトレーニングをしても、願望がかなわなかったのはなぜか――
それは、脳の使い方に問題があった!
コミュニケーションの手法として開発された「NLP=神経言語プログラミング」は、自分をよい状態に置き、なりたい未来を体感して実現に導く、実践的な願望実現法である。
人間のもつ脳の特性から願望実現のためのワークまでを、丁寧に解説。NLPトレーナーとして活躍する著者が自らの経験を交えて語り尽くした、「願望実現法」の決定版!

コミュニケーションの手法として知られるNLP=神経言語プログラミングは、願望実現の最強ツールだった!脳と意識を上手に使い、なりたい自分を引き寄せる極意と実践法。



この書籍、自分がNLPを本格的に学び始めるきっかけになった本なので、他の人に紹介されるとなんだかとてもうれしい気持ちになりました。

コーチングを学びはじめたころ、「やりたいけど、なかなか行動にうつせない」という葛藤で自分自身が悩んでいたり、まわりにも同じような悩みをもっている人が多く、「〇〇したいけど、できない」という葛藤を、コーチングセッションや、面談等で扱えるようになりたいと、いろいろな本を読んでいました。

そんな中で出会ったのがこの本。

本に書かれている、タイムラインのワークを行なって作ったアファメーションを3ヶ月間、毎晩寝る前に読んだりしていました。

あれから数年、そのころ読んでいた「アファメーション」を思い返すと、

無意識のうちに、そのときに思い描いたビジョンに向かって一歩一歩進んでいるなと実感します。

大切な方々との出会い、大切な書籍との出会い、大切な学びの数々。

大好きなNLPの前提とスキルたち、これからも大切にしたいな。

2011/07/02 01:34|読書TB:0CM:0

 

こんにちは。

ラーニングコーチ、学習コンサルタントの長谷川です。

実家に、TVをプレゼントしてきました。

37型のパナソニック社製のTVを注文したのですが、部品がなくて納品が8月上旬だそうです。

両親ともに喜んでくれて良かった。

夕飯は、わがままを言わせていただきまして、自宅でたくさんの魚を堪能してきました(笑)。



ひさしぶりの休日なので、読書に没頭しております。

コーチ・エィで「アサーティブネス」のクラスを受講していることもあり、以下の書籍を読みました。




目から鱗の連続です。

気づきがたくさんあり、自分自身の課題が明確になりました。

書籍にはアサーティブを自己診断できるシートが付いていまして、「攻撃的行動」・「受動的行動」・「アサーティブ行動」のうち、どのような傾向があるか、「対人的葛藤」・「受容性」・「権利主張」・「自己開示」の4つの要素において気づきが得られるようになっているんですね。

どの課題に手をつけるか悩むところですが、まずは「受動的行動」の傾向が強い「権利主張」の要素について、日常生活において実践していきたいです。

私自身がもっている「断られることは、自分を否定されるということだから、断れるべきではない」という非合理的ビリーフを、「誰でも断る権利があるし、色々と事情がある。聞いてくれたらラッキーくらいの気持ちで気軽にお願いしてみよう」というものに書き換えできるチャンスですね。

お、今日は「自己開示」も「アサーティブ」にできているようですね(笑)。
2011/06/27 16:26|読書TB:0CM:0

リンク 

このブログをリンクに追加する

検索フォーム 

RSSリンクの表示 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

QRコード 

QR

Copyright(C) 2006 コーチングで学習力アップ! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。