「志望校合格」、「資格取得」などを目標に日々勉強を頑張っているみなさん。 いっしょに「自分にあった学習法」を探してみませんか?

プロフィール 

長谷川哲夫

Author:長谷川哲夫
(財)生涯学習開発財団認定コーチ
米国NLP(TM)協会認定NLP(TM)マスタープラクティショナー
cb_bn[1]

●コーチングセッションを無料でお試しできます。
「自分自身の強みについて知りたい」
「コーチングってどんなものか、受けてみたい」
「自分がやりたいことを明確にしたい」
そんな思いをもっている方、ぜひ1度コーチングの世界を体験してみましょう!
きっと、今まで気付いていなかった本当の自分自身に気が付きます。
セッションは、電話もしくはスカイプで行います。お気軽にお申込み下さい。

パーソナルコーチング(無料お試し)受付中
お申込みはこちら↓

パーソナルコーチング(無料)



●あなたの優位感覚を診断します
このコーチングでは、優位感覚を診断し、あなたに合った学習方法について話したり、優位感覚の違いで起こっていた他者とのコミュニケーションにおけるすれ違いについて気づきが得られたりします。
セッションは、電話もしくはスカイプで行います。お気軽にお申込み下さい。

優位感覚コーチング(無料お試し)受付中
お申込みはこちら↓

優位感覚コーチング(無料)

読書カレンダー本棚ミニ 

最新記事 

カレンダー 

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント 

最新トラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリ 

FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング 

ブログランキング参加中です!

FC2Blog Ranking

ポチッと押してくれるとうれしいです。

Tetsuo Hasegawa | バナーを作成

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

こんにちは。

ラーニングコーチ、学習コンサルタントの長谷川です。

文章題が苦手な生徒さんは、言葉をイメージにすることが苦手なのではないか?

文章を読むとき、聴覚(A)→視覚(V)→体感覚(K)の順にアクセスするような授業を行うことで、何か変化があるのではないか?

こんなことを、仕事場のスタッフの方々みんなで議論しました。

ためしに、スタッフの方が、小学校高学年の国語の授業で、「先生が感情をこめて物語をゆっくり音読し、それを聴きながら生徒さんたちが文章を目で追いながら、心情の変化が書かれている文章に線を引く」ということを試みてみました。

私は国語の授業を行なったことがほとんどないのでよく分からないのですが、実際に授業を行なったスタッフの方の話では、「黙読させる授業より、一人一人が文章から何をつかんでいるのかがわかりやすかった」と言っていました。

「文章を読む力とは、物語をイメージする力ではないのか?」

言葉を覚えるとき、まずそれを見て、名前と音をリンクさせ、体験から身体感覚にアクセスするように、そんな言語習得の自然な流れで授業展開ができると、読解力がつきやすいのではないか?

そんなことを思う今日このごろです。
スポンサーサイト
2011/06/18 02:46|学習法TB:0CM:0

 

こんにちは。

ラーニングコーチ、学習コンサルタントの長谷川です。

小学校中学年の生徒さんたちに算数を教えているのですが、最近、小数の足し算、引き算を用いた文章題を扱いました。

まず問題を黙読で読んでから解いてもらうと、

「何が書いてあるか分からない」

といいます。

私が声に出して読んで、その後書いてあることを日常の身近な例で話をしたり、絵で表したりすると、

「なんだ、かんたんじゃん」

と、式を立てて、とき始めます。


文章題が苦手な生徒さんは、「文章を日常と結びつけてイメージする」ことに慣れていないだけなのでは?


式を立てて計算練する練習の前に、「書いてあることを絵で表したり、日常の出来事で似たような例を話してもらったり」することのほうが、学力の土台を築くうえで大事なのでは?

そんなことを思う今日このごろです。
2011/06/15 03:13|学習法TB:0CM:0

 

こんにちは。

ラーニングコーチ、学習コンサルタントの長谷川です。

今日は、学習における「言葉の定義」と「イメージ」についてのお話です。


私は、中学生のころ、理科の「磁界」という単元が苦手でした。

コイルの周りに矢印がたくさんくるくる回っていて、右ネジの法則とか、フレミング左手の法則とかを使って問題を解くんですね。

問題はとけるが、その答えが結局何なのかよく分からなかったのです。



「この矢印はいったい何なの?」



「磁界」についてわかるようになったのは、もしかしたら学習塾の講師をはじめてからかもしれません。

棒磁石の周りに方位磁針をたくさん置きます。

方位磁針の針が磁石なので、棒磁石と方位磁針のN極とS極が引き合います。

そのときの、『方位磁針のN極が指す向き』に矢印を書いていって、つなげていったものが「磁界の向き」なんですね。


このイメージが分かると、「あぁ、この矢印は方位磁針のN極がどこを向くかってだけの話ね」と、それ以降の内容もスムーズに理解できます。


新しい単元を習うときには、「言葉の定義」と、その言葉が何なのかという現実世界とリンクした「イメージ」があるかどうかとても大切です。

それがしっかりしていれば、その後の理解がスムーズになりますし、それが分からないと、その後何も分からなくなったりします。


勉強をしていて、「ちょっと分からないな」というときには、前に戻って「言葉の定義」と「イメージ」がしっかりしているかどうか、確認してみるといいかもしれませんね。


というわけで、資格取得に向けての勉強において最初の壁にぶつかった、自分自身へのアドバイスでした。
2011/06/05 02:29|学習法TB:0CM:0

 

こんにちは。
ラーニングコーチ、学習コンサルタントの長谷川です。

資格試験に向けて、少しずつ学習の環境を整え初めています。

寝る時間を毎日30分ずつ早め、午前中に書籍を読む時間を作っています。

短期、中期での目標があり、それに向けて勉強していると、日々の生活に張りがでてきますね。



長期的なビジョンを描く。

中期、短期での目標を具体的に設定する。

ライフバランスを整える。

やりたいこと、やっていることについて、コーチに話すことでアウトプットし、オートクラインによる気づきを得る。

まず3週間毎日続けて、習慣化する。

このステップを踏むことが、自分が効率よく学習するには合っているようです。

みなさんにとって、効率の良い自分にあった学習方法はどのようなものですか?

2011/06/03 01:37|学習法TB:0CM:0

 

こんにちは。

ラーニングコーチ、学習コンサルタントの長谷川です。

11月にとある資格試験を受験するにあたり、テキストが届きました。

さて、勉強するぞ~、とその前に。

まずやらなければならないことがあります。

それは、「生活リズム、ライフバランスを整える」こと。

夜遅くまで仕事をしているので、帰りが遅くなり、寝るのが遅くなっています。

効率の良い午前中に学習時間をとるためには、早く起きるために早く寝ることが大事ですね。

まず、学習の土台となる「ライフバランスを整え、習慣化する」ことが、この1ヶ月の目標です。
2011/06/01 02:23|学習法TB:0CM:0

リンク 

このブログをリンクに追加する

検索フォーム 

RSSリンクの表示 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

QRコード 

QR

Copyright(C) 2006 コーチングで学習力アップ! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。