「志望校合格」、「資格取得」などを目標に日々勉強を頑張っているみなさん。 いっしょに「自分にあった学習法」を探してみませんか?

プロフィール 

長谷川哲夫

Author:長谷川哲夫
(財)生涯学習開発財団認定コーチ
米国NLP(TM)協会認定NLP(TM)マスタープラクティショナー
cb_bn[1]

●コーチングセッションを無料でお試しできます。
「自分自身の強みについて知りたい」
「コーチングってどんなものか、受けてみたい」
「自分がやりたいことを明確にしたい」
そんな思いをもっている方、ぜひ1度コーチングの世界を体験してみましょう!
きっと、今まで気付いていなかった本当の自分自身に気が付きます。
セッションは、電話もしくはスカイプで行います。お気軽にお申込み下さい。

パーソナルコーチング(無料お試し)受付中
お申込みはこちら↓

パーソナルコーチング(無料)



●あなたの優位感覚を診断します
このコーチングでは、優位感覚を診断し、あなたに合った学習方法について話したり、優位感覚の違いで起こっていた他者とのコミュニケーションにおけるすれ違いについて気づきが得られたりします。
セッションは、電話もしくはスカイプで行います。お気軽にお申込み下さい。

優位感覚コーチング(無料お試し)受付中
お申込みはこちら↓

優位感覚コーチング(無料)

読書カレンダー本棚ミニ 

最新記事 

カレンダー 

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント 

最新トラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリ 

FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング 

ブログランキング参加中です!

FC2Blog Ranking

ポチッと押してくれるとうれしいです。

Tetsuo Hasegawa | バナーを作成

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

こんにちは。
ラーニングコーチ、学習コンサルタントの長谷川です。

今日は、以前学習塾で指導させていただいたある生徒さん(女の子)のお話をしたいと思います。

その生徒さんは、中学3年生の夏休みから体験で授業に参加していました。
体験授業の前に、入試の模擬試験を受けていただいたんですが、英数国理社の5科目で各50点満点のテストで、250点満点中110点でした。
その生徒さんの志望校は、その地域では2番目のレベルの学校で、入試本番では210点近くの点数が必要です。
志望校合格のためには、半年間であと100点上げなくてはならないんですね。

夏休みの間、その生徒さんは授業、そして宿題など自宅での学習を熱心に取り組みました。
そして、夏休み最後の塾のテストでは、平均で90点以上の得点をとることができました。

実は、自宅から塾まで距離が遠くて、塾に入会して卒業まで継続するか、ずっと悩まれていました。
夏休み最後のテストは、塾での入会試験の位置づけになるのですが、このテストを受けたときにもまだ継続するかどうか決めかねていました。

電話で親御さんにテストの得点のを報告し、私は話しました。
「夏休み、通っていた生徒さんの中でも特に熱心に学習に取り組んでいました。希望している学校に入れるよう、最後まで指導していきたいです。新学期の授業が始まるまでの1週間、ご家庭で話し合ってください。新学期からも指導できることを楽しみにしています」

その生徒さんは、たくさんご家庭で話しあっていただきまして、その後「入会します」とのお電話を頂き、最後まで指導することができました。

入試前、最後の模擬試験で205点。半年でここまで得点が上がってきました。

そして、願書を出願する高校をどうするか、悩みに悩みました。
地域の中で3番目のレベルの学校なら、入試本番で195あたり。希望する学校に対してはあと5点。
最後まで悩みました。


▽続きを読む▽
スポンサーサイト
2010/05/14 10:00|目標管理TB:0CM:0

リンク 

このブログをリンクに追加する

検索フォーム 

RSSリンクの表示 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

QRコード 

QR

Copyright(C) 2006 コーチングで学習力アップ! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。