「志望校合格」、「資格取得」などを目標に日々勉強を頑張っているみなさん。 いっしょに「自分にあった学習法」を探してみませんか?

プロフィール 

Author:長谷川哲夫
(財)生涯学習開発財団認定コーチ
米国NLP(TM)協会認定NLP(TM)マスタープラクティショナー
cb_bn[1]

●コーチングセッションを無料でお試しできます。
「自分自身の強みについて知りたい」
「コーチングってどんなものか、受けてみたい」
「自分がやりたいことを明確にしたい」
そんな思いをもっている方、ぜひ1度コーチングの世界を体験してみましょう!
きっと、今まで気付いていなかった本当の自分自身に気が付きます。
セッションは、電話もしくはスカイプで行います。お気軽にお申込み下さい。

パーソナルコーチング(無料お試し)受付中
お申込みはこちら↓

パーソナルコーチング(無料)



●あなたの優位感覚を診断します
このコーチングでは、優位感覚を診断し、あなたに合った学習方法について話したり、優位感覚の違いで起こっていた他者とのコミュニケーションにおけるすれ違いについて気づきが得られたりします。
セッションは、電話もしくはスカイプで行います。お気軽にお申込み下さい。

優位感覚コーチング(無料お試し)受付中
お申込みはこちら↓

優位感覚コーチング(無料)

読書カレンダー本棚ミニ 

最新記事 

カレンダー 

05 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント 

最新トラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリ 

FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング 

ブログランキング参加中です!

FC2Blog Ranking

ポチッと押してくれるとうれしいです。

Tetsuo Hasegawa | バナーを作成

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

こんにちは。
ラーニングコーチ、学習コンサルタントの長谷川です。

今日は、「目標管理について」をちょっとお休みして、最近私が学んだことについてお話したいと思います。

生徒さんに学習指導をするとき、「誉める」ということをとても意識します。
誉められたらうれしいですし、もっと頑張ろうという気になると思うからですね。

では、結果が出ていないときなど、誉めるところが見つからないときにはどうやってモチベーションを高めればいいのか?

先日、私がNLPを学んでいるトレーナーの方に相談してみました。

「誉めるのではなく、その人自身の存在を承認すればいいのですよ。例えば、面談に来てくれたときに『忙しいところよく来てくれたね』だとか、『しっかり自分のことを話せているね』とか」

「誉める」ということは、どちらかというと「これを継続してほしい」など、こちら側の意識が強いように思います。

「承認する」ということは、見たとおり、感じたとおり、ありのままを伝えるので、相手の方も受け取りやすいのではないでしょうか。
そして、「しっかり見てくれている」という安心感が得られ、次に向けてのエネルギーが高まるように感じられます。


テスト等で結果が出ていないとき、
「ちょっとくやしい点数だね。心配なんだけど、今どんな状態なの?・・・そう、しっかり次に向けて考えているんだね。えらいね。じゃあ、まず何からやってみたら良いかな」

こんな風な言葉がけを意識したいものです。

なかなか難しいですけどね。
スポンサーサイト
2010/05/15 10:00|未分類TB:0CM:0

リンク 

このブログをリンクに追加する

検索フォーム 

RSSリンクの表示 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

QRコード 

QR

Copyright(C) 2006 コーチングで学習力アップ! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。