「志望校合格」、「資格取得」などを目標に日々勉強を頑張っているみなさん。 いっしょに「自分にあった学習法」を探してみませんか?

プロフィール 

長谷川哲夫

Author:長谷川哲夫
(財)生涯学習開発財団認定コーチ
米国NLP(TM)協会認定NLP(TM)マスタープラクティショナー
cb_bn[1]

●コーチングセッションを無料でお試しできます。
「自分自身の強みについて知りたい」
「コーチングってどんなものか、受けてみたい」
「自分がやりたいことを明確にしたい」
そんな思いをもっている方、ぜひ1度コーチングの世界を体験してみましょう!
きっと、今まで気付いていなかった本当の自分自身に気が付きます。
セッションは、電話もしくはスカイプで行います。お気軽にお申込み下さい。

パーソナルコーチング(無料お試し)受付中
お申込みはこちら↓

パーソナルコーチング(無料)



●あなたの優位感覚を診断します
このコーチングでは、優位感覚を診断し、あなたに合った学習方法について話したり、優位感覚の違いで起こっていた他者とのコミュニケーションにおけるすれ違いについて気づきが得られたりします。
セッションは、電話もしくはスカイプで行います。お気軽にお申込み下さい。

優位感覚コーチング(無料お試し)受付中
お申込みはこちら↓

優位感覚コーチング(無料)

読書カレンダー本棚ミニ 

最新記事 

カレンダー 

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント 

最新トラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリ 

FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング 

ブログランキング参加中です!

FC2Blog Ranking

ポチッと押してくれるとうれしいです。

Tetsuo Hasegawa | バナーを作成

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

こんにちは。
ラーニングコーチ、学習コンサルタントの長谷川です。

勉強、好きですか?

昨日、NLPのプラクティショナーコースにアシスタントとして参加していたのですが、そこで受講生の方々と「勉強好きですか?」という話で盛り上がりました。

みなさん、自己投資にお金をかけて学びに来ている方々ということで、「好きです」とおっしゃっていました。
そして、こんなお話をされた方もいました。

「学生のころは勉強が好きではなかった」
「今のほうが勉強しているし、誰も褒めてくれないけど楽しい」

学習状況調査というテストが小学生、中学生でありまして、そのテストのときに「勉強が好きか?というアンケートがあるそうです。

横浜市で調査した結果では、「算数の勉強が好きか?」という質問に対し、2009年度の小学2年生の生徒さんの55%が「好き」と答え、小学6年生で36%、中1で数学になった段階では22%まで下がったそうです。

記事の内容は下記を参考にさせていただきました。↓

中1ギャップ”浮き彫り、「勉強好き」は中学で低下/横浜市学習状況調査

以前この記事を新聞で読んだのですが、小学生から中学生にあがるときに勉強嫌いが多くなるという現状に対する問題点について書かれていました。

私は、「何で小学校の低学年のころは勉強が好きな生徒が多いのか」ということを不思議に思いました。

小学校高学年から中学生の生徒さんたちを学習指導していますが、正直「勉強が好き」と答える生徒さんってほとんどいないと思うんですよね。

以前、とても勉強が得意な生徒さんが卒業のときのアンケートで「勉強は必要悪」と答えてくれました。

そういう見方もありますよね。

では、なぜ勉強を始めたばかりのころは「勉強が好き」と答える生徒さんが多く、そして社会人になってから「勉強が好き」になる人がいるのか?

このあたりに日本の学力向上、そして元気な社会に向かうヒントがあるのではないか、そんなことを思っています。
スポンサーサイト
2010/07/26 10:00|気づきTB:0CM:0

リンク 

このブログをリンクに追加する

検索フォーム 

RSSリンクの表示 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

QRコード 

QR

Copyright(C) 2006 コーチングで学習力アップ! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。