「志望校合格」、「資格取得」などを目標に日々勉強を頑張っているみなさん。 いっしょに「自分にあった学習法」を探してみませんか?

プロフィール 

長谷川哲夫

Author:長谷川哲夫
(財)生涯学習開発財団認定コーチ
米国NLP(TM)協会認定NLP(TM)マスタープラクティショナー
cb_bn[1]

●コーチングセッションを無料でお試しできます。
「自分自身の強みについて知りたい」
「コーチングってどんなものか、受けてみたい」
「自分がやりたいことを明確にしたい」
そんな思いをもっている方、ぜひ1度コーチングの世界を体験してみましょう!
きっと、今まで気付いていなかった本当の自分自身に気が付きます。
セッションは、電話もしくはスカイプで行います。お気軽にお申込み下さい。

パーソナルコーチング(無料お試し)受付中
お申込みはこちら↓

パーソナルコーチング(無料)



●あなたの優位感覚を診断します
このコーチングでは、優位感覚を診断し、あなたに合った学習方法について話したり、優位感覚の違いで起こっていた他者とのコミュニケーションにおけるすれ違いについて気づきが得られたりします。
セッションは、電話もしくはスカイプで行います。お気軽にお申込み下さい。

優位感覚コーチング(無料お試し)受付中
お申込みはこちら↓

優位感覚コーチング(無料)

読書カレンダー本棚ミニ 

最新記事 

カレンダー 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント 

最新トラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリ 

FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング 

ブログランキング参加中です!

FC2Blog Ranking

ポチッと押してくれるとうれしいです。

Tetsuo Hasegawa | バナーを作成

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

こんにちは。
ラーニングコーチ、学習コンサルタントの長谷川です。

昨日、「U理論(Theory U)」のワークショップに参加してきました。
「U理論」は、神田昌典さんの書籍「全脳思考」で紹介されていて、以前から気になっていたんですよね。

「全脳思考」と「NLP」のコラボセミナーを企画中(今月末から動きますよ)ということもあり、申し込みをしてから1か月、この「U理論セミナー」をずっと楽しみにしていました。

テーマは「U理論が解き明かす新しい未来への法則~コーチとしての発展的なターニングポイントを導く3つの扉~」
講師の方は、中土井僚コーチです。

以下、日本コーチ協会神奈川チャプターのHPで紹介されていた、セミナーの紹介文です。

オットー・シャーマー上級講師らは、人格そのものの成長を促す個人や企業のそして世界に通じるあり方を深掘りし体系化して、世界的に「Theory U」として読者そして経営者に大きな反響を呼びました。
そして、世界的企業のGoogle、ダイムラー、プライスウォータークーパーズ、富士通などで導入されると共に、南アフリカ、インドの社会問題の解決、持続可能な食糧生産の実現プロジェクト(サステナブル・フード・ラボ)などに起用されております。

日本における先駆者として、日本語出版にも翻訳者として取り組んでいる中土井僚コーチが、最先端の理論をとても分かりやすく、奥が深いワークショップにしました。(英治出版社から日本語版「U理論」出版予定)


「U理論」、とても奥が深く、とても学びがありました。

さて、セミナーで気づいたことは、自分自身が今何を感じているのかを感じ取ることが苦手だということ。そして、何を感じ取っているのかが不明瞭なので、自分自身が感じている本当の気持ち、思いを自己開示ですることがなかなかできていないということ。


・・・あれ、これってコーチングやNLP、ブレインジムを学びはじめていたときからずっと気づいていたことじゃないですか・・・。

成長がないってこと?

「U理論」によれば、どうやら私は、Level2(Open Mind)からLevel3(Open Heart)の境界にある「自分自身に対するあきらめの声」に気づくことができていないようです。

そういえば、ここ数年「ネガティブな内部対話」が聞こえたるとすぐに「リフレーミング」をしてしまうので、心をフラットにすることはできているけど、本当の自分自身に気づけないままでいるのでは・・・。

中土井僚コーチの小冊子「なぜ組織は『迷走』するのか」を読むと、こんなことが書いてありました。

この諦めと皮肉めいた声を乗り越える鍵は、探究と自己開示にある。自分が何を決めつけているのか、諦めているのかを深く探究し、自己開示をしたときに、初めて場の中で共感が生まれる。そして、誰かが自己開示をすると、その想いに応えるように他の人も自己開示をし始める。

自己の探究を行うには、「瞑想」が良いそうです。

ブログを書くことで「自分の思考についてのメタレベルの思考」を習慣化することはできているので、次は「自分の感じていることについて感じる」練習をすることを習慣化したい。これが今回の気づきです。


昨日のセミナーでは、ブレインジムを一緒に学んだ方とも久しぶりにお会いできました。
えみえみ、どうもありがとう!
そして、はじめてお会いして、いっしょにワークに取り組んだみなさん、どうもありがとう!

いつも応援ありがとうございます。
ポチっと押していただけると、ありがたいです!



スポンサーサイト
2010/10/04 19:33|U理論TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://coachhase.blog98.fc2.com/tb.php/171-1fbe2590

リンク 

このブログをリンクに追加する

検索フォーム 

RSSリンクの表示 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

QRコード 

QR

Copyright(C) 2006 コーチングで学習力アップ! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。