「志望校合格」、「資格取得」などを目標に日々勉強を頑張っているみなさん。 いっしょに「自分にあった学習法」を探してみませんか?

プロフィール 

長谷川哲夫

Author:長谷川哲夫
(財)生涯学習開発財団認定コーチ
米国NLP(TM)協会認定NLP(TM)マスタープラクティショナー
cb_bn[1]

●コーチングセッションを無料でお試しできます。
「自分自身の強みについて知りたい」
「コーチングってどんなものか、受けてみたい」
「自分がやりたいことを明確にしたい」
そんな思いをもっている方、ぜひ1度コーチングの世界を体験してみましょう!
きっと、今まで気付いていなかった本当の自分自身に気が付きます。
セッションは、電話もしくはスカイプで行います。お気軽にお申込み下さい。

パーソナルコーチング(無料お試し)受付中
お申込みはこちら↓

パーソナルコーチング(無料)



●あなたの優位感覚を診断します
このコーチングでは、優位感覚を診断し、あなたに合った学習方法について話したり、優位感覚の違いで起こっていた他者とのコミュニケーションにおけるすれ違いについて気づきが得られたりします。
セッションは、電話もしくはスカイプで行います。お気軽にお申込み下さい。

優位感覚コーチング(無料お試し)受付中
お申込みはこちら↓

優位感覚コーチング(無料)

読書カレンダー本棚ミニ 

最新記事 

カレンダー 

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント 

最新トラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリ 

FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング 

ブログランキング参加中です!

FC2Blog Ranking

ポチッと押してくれるとうれしいです。

Tetsuo Hasegawa | バナーを作成

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

こんにちは。
ラーニングコーチ、学習コンサルタントの長谷川です。

さて、いきなりですが質問です。

「人間関係で悩んでいるんだ。いつも自分ばかり注意されるから、みんな自分のことが嫌いなんだよ」

親しい人にこんな相談をされたとき、みなさんはどんなふうに答えますか?

「そんなことないんじゃない?」
と、反論することもできます。

「あなただけじゃなくて、みんなそうだよ。私なんてね・・・」
と、自分の話をすることもできます。

「気にしなくていいんじゃない」
と、アドバイスをすることもできます。


「人間関係で悩んでいるんだ。いつも自分ばかり注意されるから、みんな自分のことが嫌いなんだよ」

さて、この言葉を聞いたとき、みなさんは何を思い出しましたか?

この言葉を言った人のことを何も知らなければ、自分の記憶や知識を頼りに解釈することしかできません。

そして、その解釈が間違っていることのほうが多いと思います。

相手のことは相手にしか分かりませんから。


そして相手の方は、「理解してもらえない」という気持ちになることが多いのではないでしょうか。


では、どうすればいいか?


そうです。質問すればいいんですよね。


人は、無意識や意識上にあるイメージや感情について話すとき、具体的なことが削除、歪曲、一般化されます。

この削除、歪曲、一般化された情報を取り戻すために質問をするスキルを、NLPでは「メタモデル」といいます。

たとえば、「人間関係」というのは、具体的に誰と誰の会話等で起こった問題なのか、そのプロセスが欠けてい、「名詞化」されています。

「具体的に、誰とどんなことがあったの?」
と質問することで、削除された情報を取り戻すことができます。

また、「いつも」、「みんな」と言うことにより、その人の思考が凝り固まっている可能性があります。このような言葉を「普遍的数量詞」といいます。

「今まで1度もあなた以外の人が注意されたことはなかったの?」
「みんなとは具体的に誰のことなの?」

などと質問することで、一般化された情報を具体的な内容として取り戻すことができます。

さらに、「自分ばかり注意する」=「自分のことが嫌い」というように、2つの事柄が同じ意味のように扱われています。これを「等価の複合概念」といいます。

「自分ばかり注意されることが、どうしてあなたのことを嫌いということになるの?」
と質問することで、歪曲された2つの事柄を別々に考えられるようになるかもしれません。


さて、このメタモデルは、「情報」を取り戻し、話の内容を理解したり、相手に気づきを与えたりすることができかますが、注意が必要です。


それは、ラポール(信頼関係)ができている状態でしか機能しない、ということです。

メタモデルを覚えたてのころ、私はこれで何度も失敗してきました・・・。

感情的になっている人は聞く耳をもっていませんから、質問してもさらに感情が高ぶるだけなんですよね。


「みんなって具体的に誰なの?いつもって、本当にいつも?」

「みんなはみんなだよ(怒)!!なんだよ、もう、いい加減にして(怒)!!!」



より険悪になります・・・。


最近では、面談等で「ちょっと具体的にいくつか聞いていきたいんですけど、いいですか?」と断りを入れてからメタモデルの質問を使っています。

日常では、怖くてあまり使ってません(笑)。効果がありすぎるんで。


「場の設定」そして「ラポール」が大事。

その上で適切な質問をする。

心掛けたいものです。


いつも応援ありがとうございます。
ポチっと押していただけると、ありがたいです!






スポンサーサイト
2010/10/09 10:00|質問TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://coachhase.blog98.fc2.com/tb.php/176-7fb71b51

リンク 

このブログをリンクに追加する

検索フォーム 

RSSリンクの表示 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

QRコード 

QR

Copyright(C) 2006 コーチングで学習力アップ! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。