「志望校合格」、「資格取得」などを目標に日々勉強を頑張っているみなさん。 いっしょに「自分にあった学習法」を探してみませんか?

プロフィール 

長谷川哲夫

Author:長谷川哲夫
(財)生涯学習開発財団認定コーチ
米国NLP(TM)協会認定NLP(TM)マスタープラクティショナー
cb_bn[1]

●コーチングセッションを無料でお試しできます。
「自分自身の強みについて知りたい」
「コーチングってどんなものか、受けてみたい」
「自分がやりたいことを明確にしたい」
そんな思いをもっている方、ぜひ1度コーチングの世界を体験してみましょう!
きっと、今まで気付いていなかった本当の自分自身に気が付きます。
セッションは、電話もしくはスカイプで行います。お気軽にお申込み下さい。

パーソナルコーチング(無料お試し)受付中
お申込みはこちら↓

パーソナルコーチング(無料)



●あなたの優位感覚を診断します
このコーチングでは、優位感覚を診断し、あなたに合った学習方法について話したり、優位感覚の違いで起こっていた他者とのコミュニケーションにおけるすれ違いについて気づきが得られたりします。
セッションは、電話もしくはスカイプで行います。お気軽にお申込み下さい。

優位感覚コーチング(無料お試し)受付中
お申込みはこちら↓

優位感覚コーチング(無料)

読書カレンダー本棚ミニ 

最新記事 

カレンダー 

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント 

最新トラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリ 

FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング 

ブログランキング参加中です!

FC2Blog Ranking

ポチッと押してくれるとうれしいです。

Tetsuo Hasegawa | バナーを作成

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

こんにちは。
ラーニングコーチ、学習コンサルタントの長谷川です。

突然ですが問題です。
下記は、ある有名な方の小学6年生のときの作文です。
その方は誰でしょう?

僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。そのためには、中学、高校と全国大会にでて活躍しなければなりません。

活躍できるようになるためには練習が必要です。僕は3才の時から練習を始めています。3才から7才までは半年くらいやっていましたが、3年生の時から今までは、365日中360日は、激しい練習をしています。だから1週間中で友達と遊べる時間は5~6時間です。そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球選手になれると思います。

そして中学、高校と活躍して高校を卒業してからプロ野球選手になれると思います。そしてその球団は、中日ドラゴンズか、西部ライオンズです。ドラフト入団で、契約金は、1億円以上が目標です。

僕が自信のあるのが投手か打撃です。去年の夏、僕たちは全国大会にいきました。そして、ほとんどの投手を見てきましたが、自分が大会ナンバーワン選手と確信でき、打撃では県大会4試合のうちホームランを3本打ちました。そして、全体を通した打率は、5割8分3厘でした。このように自分でも納得のいく成績でした。そして僕たちは1年間負け知らずで野球ができました。

だから、この調子でこれからも頑張ります。そして、僕が一流選手になって試合に出られるようになったら、お世話になった人に招待状を配って応援してもらうのも夢の一つです。

とにかく一番大きな夢はプロ野球選手になることです。


答えは、続きにあります。


答えはシアトルマリナーズのイチロー選手です。

知っている方も多かったのではないでしょうか?

この作文は、「てらじんさん」のブログを参考にさせていただきました(参考というより転載ですね。スミマセン)。

てらじんさんのブログはこちら↓
http://d.hatena.ne.jp/TERRAZI/20060323/p1

みなさんは、自分の目標を宣言する作文を書いたことはありますか?

未来への目標宣言文を「アファメーション」といいます。

私は、この「アファメーション」を用いることで、短期間で劇的な変化を体験しました。

今までは、「こうなればいいなぁ」と思ってもなかなかできなかったことが、「いつのまにかできるようになっているなぁ」と、意識せずに行動が伴い、日々目標に向かっていることを実感できるようになったんですね。

そのやり方について、今日は記事を書こうと思います。

まずは、自分が望んでいる未来をイメージするところからスタートします。
NLPのスキルである「タイムライン」を使い、自分が本当に望んでいる自分自身になりきって、ガイドの方の質問に答えていきます。

タイムラインについて、おそらく日本語版で最も充実した内容の書籍はこちら↓


※書籍にも書いてあるのですが、「タイムライン」のスキルは、人にとても強い影響を与える可能性があります。NLPの専門家のもとで適切なワークを体験されることをお奨めします。

「タイムライン」のワークで体験した未来について、肯定的な文章で、現在形でビジョンや目標を作文として書いていきます。そのとき、周りの人たちや環境に与える影響、良い影響、悪い影響について、しっかりエコロジカルチェックをすることが重要です。また、健康、人間関係などライフバランスが整えられた目標を書くことも大切です。

「アファメーション」の文章を書くときのポイントについて、とても参考になる書籍はこちら↓


あと、「アファメーション」に書いたことは、周りの人に必要以上に話さないということも大事かもしれません。
「そんなの無理だよ」という、周りの人たちの否定的な意見は、モチベーションやセルフイメージを高めることはないと思います。自分の心の中に、しっかりと大切にもっていたいものです。

私は、自分の夢や目標は、信頼できる自分のコーチに話をしています。
毎週のコーチングセッションで、目標に向けて何をすべきかがどんどん明確になっていきます。

あとは、この「アファメーション」を毎晩眠る直前や朝起きた瞬間に読むことです。
この眠る直前や起きた瞬間が、無意識にアクセスしやすく、脳が自己暗示にかかりやすい時だそうです。

これを3ヶ月、毎日続けます。

3ヶ月続けたら、このことは忘れます。

あとは無意識がかってに引き寄せてくれます。

私は、この「アファメーション」を読んでいたころから1年近くたってから、読み返してみたんですが、1年のうちにいろいろなことができるようになっていました。

例えば、気がつくと
(財)生涯学習開発財団認定コーチ
米国NLP(TM)協会認定NLP(TM)マスタープラクティショナー
この2つの資格を取得していました。

ライフバランスが整ってきたり、会いたいと思っていた人に会えたり、志の高いたくさんの方々に会えたり、アンテナが立っているといいますか、特別頑張らなくてもかってに引き寄せているというように感じられます。

たぶん、理由は簡単だと思います。

自分は何をしたいのか。
自分は誰なのか。

これらが明確になったから。

私のセルフイメージでは、イチロー選手のようには絶対になれませが、
「自分がなりたいと思う自分」にはなれそうです。


目標管理③
自分の未来への目標宣言文を書き、3ヶ月毎晩読む。


とても効果がありますよ。



最後に、このNLPのワークを実際に体験するきっかけとなった書籍を紹介します。

山崎啓支さんの「願いがかなうNLP」

本を読んで、実践することの効果を最も実感した書籍です。






スポンサーサイト
2010/05/17 00:23|目標管理TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://coachhase.blog98.fc2.com/tb.php/18-d6a070a1

リンク 

このブログをリンクに追加する

検索フォーム 

RSSリンクの表示 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

QRコード 

QR

Copyright(C) 2006 コーチングで学習力アップ! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。