「志望校合格」、「資格取得」などを目標に日々勉強を頑張っているみなさん。 いっしょに「自分にあった学習法」を探してみませんか?

プロフィール 

長谷川哲夫

Author:長谷川哲夫
(財)生涯学習開発財団認定コーチ
米国NLP(TM)協会認定NLP(TM)マスタープラクティショナー
cb_bn[1]

●コーチングセッションを無料でお試しできます。
「自分自身の強みについて知りたい」
「コーチングってどんなものか、受けてみたい」
「自分がやりたいことを明確にしたい」
そんな思いをもっている方、ぜひ1度コーチングの世界を体験してみましょう!
きっと、今まで気付いていなかった本当の自分自身に気が付きます。
セッションは、電話もしくはスカイプで行います。お気軽にお申込み下さい。

パーソナルコーチング(無料お試し)受付中
お申込みはこちら↓

パーソナルコーチング(無料)



●あなたの優位感覚を診断します
このコーチングでは、優位感覚を診断し、あなたに合った学習方法について話したり、優位感覚の違いで起こっていた他者とのコミュニケーションにおけるすれ違いについて気づきが得られたりします。
セッションは、電話もしくはスカイプで行います。お気軽にお申込み下さい。

優位感覚コーチング(無料お試し)受付中
お申込みはこちら↓

優位感覚コーチング(無料)

読書カレンダー本棚ミニ 

最新記事 

カレンダー 

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント 

最新トラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリ 

FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング 

ブログランキング参加中です!

FC2Blog Ranking

ポチッと押してくれるとうれしいです。

Tetsuo Hasegawa | バナーを作成

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

こんにちは。
ラーニングコーチ、学習コンサルタントの長谷川です。 


昨日は、温泉に行ってきました。

定期的に温泉にいくことは、リラックスするためだけでなく、アイデアを出したり考えごとをする時間として重宝しいます。

特に、リラックスした状態ではイメージがよく出来ので、「タイムライン」のスキルを使ってビジョンメイキングをすることが多いです。


本日は、「タイムライン」についてお話したいと思います。


私たちは、昨日起こったことと、1週間前に起こった出来事を区別することができます。

過去に起きたことと、想像した未来の出来事を区別することができるんですね。


人は、時間の流れのイメージを、脳の中にもっているようです。

過去・現在・未来という時間軸を1本の線で結んだものをタイムラインといいます。


私は、「昨日誰に会ったかな?」など、過去の出来事は自分の正面よりも左側にイメージします。

また、現在の出来事は正面に、「1週間後、誰に会う予定だったかな?」というような未来の出来事は右側にイメージします。

このように、客観的に自分の時間軸を左から右にイメージするような時間概念を「スルータイム」といい、西欧の方々に多いタイムラインだそうです。

「スルータイム」の時間概念をもつ人は、時間は連続的なものであると意識しているので、期限を設けて仕事をすることに向いているそうです。



また、未来が目の前にまっすぐイメージし、自分自身の体がタイムラインの中にあり、過去は後ろにイメージしているため振り向かなければ見えないという人もいます。

このような時間概念を「インタイム」といい、アラブの方々に多いタイムラインだそうです。

「インタイム」の時間概念をもつ人は、過去や未来の記憶を「今」として実感することができます。
「今」を感じることが得意なので、何かを行っているときに集中力があることが特徴です。その反面、時間にルーズなところがあるそうです。


予定を立てるときには「スルータイム」の時間概念を意識し、行動を起こしているときには「インタイム」の時間概念を意識すると良さそうですね。

私はなかなかうまく切り替えができませんが。


さて、実際に「タイムライン」のワークを行うときは、未来を前方、過去を後方として歩きながらそれぞれのイメージを「今」として実感しながら行います。

ただ、私は温泉に浸かりながら行っているので、イメージするだけで歩いたりしません。

怪しい人になるので。


まず、「理想の未来」をイメージします。

何が見えるか?何が聞こえるか?どんな気持ちになっているか?など、5感にうったえかける質問をしながら、イメージを鮮明にしていきます。

そのあと、「リソースフルな過去」のイメージを体験しながら、記憶を幼少期まで辿っていきます。

このとき、未来に役立ちそうな記憶、たとえば「楽しかった」、「幸せだった」など、リソースフルな体験が無意識に思い出されてくるので不思議です。

それぞれの体験を十分に「今」として実感する中、アンカリングをしながら記憶を遡ります。

その後、アンカーを発火した状態で「理想の未来」をイメージします。

ここで、不思議なことが起こります。

自信に満ちているためか、制限が外れた「理想の未来」をイメージできるんですね。

このイメージを「今」として実感する中、しっかりとアンカリングをしておきます。


最後は、「フューチャーペーシング」をして、「まず何から始めようか」という初めの一歩を決めます。

その始めの一歩を行動に移すと、現実が変わります。



私は、NLPを学ぶ前に書籍を読みながらタイムラインを試したことがあります。

タイムラインで見たイメージをもとにアファメーションを作成し、3か月間毎日寝る前に読むということをしていました。

そのころから比べると、意識しなくても達成できていた事柄が多く、驚いています。

タイムラインについて詳しく学べる書籍を紹介しておきます↓



この書籍にも書いてあるんですが、タイムラインのスキルは人に強い影響を与える可能性があるので、NLPのセミナー等で適切な使い方を学ばれることをおすすめします。


スポンサーサイト
2010/11/02 01:05|未分類TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://coachhase.blog98.fc2.com/tb.php/201-210ffc4a

リンク 

このブログをリンクに追加する

検索フォーム 

RSSリンクの表示 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

QRコード 

QR

Copyright(C) 2006 コーチングで学習力アップ! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。