「志望校合格」、「資格取得」などを目標に日々勉強を頑張っているみなさん。 いっしょに「自分にあった学習法」を探してみませんか?

プロフィール 

長谷川哲夫

Author:長谷川哲夫
(財)生涯学習開発財団認定コーチ
米国NLP(TM)協会認定NLP(TM)マスタープラクティショナー
cb_bn[1]

●コーチングセッションを無料でお試しできます。
「自分自身の強みについて知りたい」
「コーチングってどんなものか、受けてみたい」
「自分がやりたいことを明確にしたい」
そんな思いをもっている方、ぜひ1度コーチングの世界を体験してみましょう!
きっと、今まで気付いていなかった本当の自分自身に気が付きます。
セッションは、電話もしくはスカイプで行います。お気軽にお申込み下さい。

パーソナルコーチング(無料お試し)受付中
お申込みはこちら↓

パーソナルコーチング(無料)



●あなたの優位感覚を診断します
このコーチングでは、優位感覚を診断し、あなたに合った学習方法について話したり、優位感覚の違いで起こっていた他者とのコミュニケーションにおけるすれ違いについて気づきが得られたりします。
セッションは、電話もしくはスカイプで行います。お気軽にお申込み下さい。

優位感覚コーチング(無料お試し)受付中
お申込みはこちら↓

優位感覚コーチング(無料)

読書カレンダー本棚ミニ 

最新記事 

カレンダー 

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント 

最新トラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリ 

FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング 

ブログランキング参加中です!

FC2Blog Ranking

ポチッと押してくれるとうれしいです。

Tetsuo Hasegawa | バナーを作成

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

こんにちは。
ラーニングコーチ、学習コンサルタントの長谷川です。

本日の記事は、3月22日に予約投稿しました「共育コーチング研究会リレーコラム」用の記事の転載です。



10年以上、学習塾の講師として、小学生、中学生の生徒さんの学習指導をしてきました。

本日は、コーチングを学びはじめたばかりのころのお話をしたいと思います。

当時、中学3年生の女の子の学習指導をしていました。
部活動が忙しく、なかなか勉強の時間がとれない中、学校のテストでしっかり点数をとったり、提出物やノートもしっかりとる、とてもがんばりやの生徒さんでした。

入試が近づいても、なかなか部活動は引退せず、なんとか部活と勉強の両立をしようとしていました。

ただ、目標とする高校に合格するためには、もっと勉強時間を確保し、苦手な科目と向き合う必要がありました。

それをしっかり伝えることができず、時間だけが過ぎていきました。

毎月の模擬試験の結果がなかなか上がらず、私も「なんとか現状を伝えないと」と焦りを感じていたある日、授業後の帰宅前に模擬試験の結果を返却しながら、個別で話をしました。

少し話を聞いたあと、今日ここでしっかり「もっと勉強する時間を確保してほしい」というメッセージをはっきり伝えなければと思いました。

コーチングを学びはじめたての私は、学んだばかりの「フィードバック」というスキルを使おうと思い、生徒さんに伝えました。

「○○さん、勉強不足です」

その生徒さんは、泣きながら家に帰ってしまいました。

その次の日、その生徒さんが塾にきて、私を探しているという話をスタッフから聞きました。

私は、その日、お休みをいただいていたので、生徒さんとお話しできませんでした。

そして、その次の日以降、塾は1週間お休みの時期となっており、その生徒さんと会うのは1週間後でした。

私は、この1週間でその生徒さんが今まで以上に勉強して過ごしていることを願っていましたし、そのなるものだと思っていました。

実際には、その生徒さんは、1週間勉強が手につかなくなっていました。

今振り返ってみて分かることなのですが、私が伝えていたメッセージは、

「あなたはがんばっていない」

というものだったのだと思います。

良かれと思って伝えたことでも、受け取る方が「今のままの自分を受け入れてくれている」と感じられなければ、それはフィードバックでもなんでもなく、ただの「批判」になってしまいます。

「批判」では、むしろ行動できなくなってしまうことが多いようです。

もっと、話を聴いて、今できていることを認めて、忙しい中まず塾に来てくれていることを承認して、「あなたなら大丈夫。信頼しているよ」というメッセージを伝えることが出来たなら、その生徒さんは行動しやすくなったのではないかと、今でも悔やまれる出来事です。


「何か行動をおこしてもらうためには、自分が伝えたいことを伝えるのではなく、相手が気持ちを高めて、行動しやすくなるような声掛けをすることが大切」

この出来事から学んだ自分自身へのフィードバックです。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

共育コーチング研究会からのお知らせです。
「10代<思春期>へのコーチング」セミナーを開催します。

思春期、または思春期を迎えるお子さまをお持ちの保護者の方、関心のある方が
対象です。
お誘い合わせの上、ぜひお出かけください。

日時:4月24日(日) 13:30~16:30
場所:東京ウイメンズプラザ(最寄駅:渋谷・表参道)
http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html

参加費:1,000円
申し込み方法や詳細は、この研究会のホームページをごらんください。
こちらです↓。
http://www.ciie.net/ニュース/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


スポンサーサイト
2011/03/21 23:59|共育コーチング研究会TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://coachhase.blog98.fc2.com/tb.php/339-acaca61c

リンク 

このブログをリンクに追加する

検索フォーム 

RSSリンクの表示 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

QRコード 

QR

Copyright(C) 2006 コーチングで学習力アップ! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。