「志望校合格」、「資格取得」などを目標に日々勉強を頑張っているみなさん。 いっしょに「自分にあった学習法」を探してみませんか?

プロフィール 

長谷川哲夫

Author:長谷川哲夫
(財)生涯学習開発財団認定コーチ
米国NLP(TM)協会認定NLP(TM)マスタープラクティショナー
cb_bn[1]

●コーチングセッションを無料でお試しできます。
「自分自身の強みについて知りたい」
「コーチングってどんなものか、受けてみたい」
「自分がやりたいことを明確にしたい」
そんな思いをもっている方、ぜひ1度コーチングの世界を体験してみましょう!
きっと、今まで気付いていなかった本当の自分自身に気が付きます。
セッションは、電話もしくはスカイプで行います。お気軽にお申込み下さい。

パーソナルコーチング(無料お試し)受付中
お申込みはこちら↓

パーソナルコーチング(無料)



●あなたの優位感覚を診断します
このコーチングでは、優位感覚を診断し、あなたに合った学習方法について話したり、優位感覚の違いで起こっていた他者とのコミュニケーションにおけるすれ違いについて気づきが得られたりします。
セッションは、電話もしくはスカイプで行います。お気軽にお申込み下さい。

優位感覚コーチング(無料お試し)受付中
お申込みはこちら↓

優位感覚コーチング(無料)

読書カレンダー本棚ミニ 

最新記事 

カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント 

最新トラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリ 

FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング 

ブログランキング参加中です!

FC2Blog Ranking

ポチッと押してくれるとうれしいです。

Tetsuo Hasegawa | バナーを作成

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

こんにちは。
ラーニングコーチ、学習コンサルタントの長谷川です。

今日は、学習に専念できる「気持ちの状態」をつくることについてお話したいと思います。

できれば、いつでもすぐに学習に向かえる気持ちの状態でいたいですよね。


ここで、ちょっと試してほしいことがあります。

視線を上に上げ、胸を張り、次の言葉を声に出さずに3回唱えてみてください。

「自分には乗り越えることができる」
「自分には力がある」
「自分は成長し続けることができる」

どんな気分になりましたか?

では、視線を下にして、すこし前かがみになり、次の言葉を声に出さずに3回唱えてください。

「もうだめだ」
「自分には無理。」
「どうせできない」


どうですか?

姿勢や言葉は、気持ちの状態に変化を与えます。

せっかくなら、エネルギーの高まるような姿勢、前向きになれる言葉を自分自身にかけていきたいですよね。

私はここ数ヶ月、気持ちの状態がとても良いです。
気持ちの状態が良いので、やりたいと思ったことがすぐに行動に起こせています。
これは、「自分の姿勢や声をコントロールする」ということを意識し、実践しているからではないかと考えています。

具体的に、私が日々意識して行っていることを紹介します。

「朝のパワーアップクエスチョン」
世界No.1コーチと呼ばれている、アンソニー・ロビンズさんの書籍「人生を変えた贈り物」にかかれている質問を、朝起きてすぐ、無意識が強い状態のときに自分自身に問いかけ、答えています。
 今の人生で「幸福なこと」は何だろう?
 今の人生で「感謝できること」は何だろう?
こんな質問が7つくらいあるのですが、質問に対して深く掘り下げて考えていきます。
質問に答えている最中に寝てしまうこともありますが…。



「ブログ・ツイッターの投稿、記事確認」
できる限り、前向きで肯定的な言葉を使うように心がけています。

「前向きな音楽を聴きながら、良い姿勢で歩く」
通勤途中は前向きで元気が出る曲を聴いています。歩くときは、背筋を伸ばして、しっかり前を向いて歩くことを心がけています。

「読書」
電車の中や眠る前、生き方のモデルとなる方の書籍を読むように心がけています。

「フューチャーペーシング」
誰かと話をする前や仕事の前に、「お互いどんな気持ちの状態になっていたいか」を想像します。

「笑顔」
気持ちをフラットにし、できる限り笑顔でいることを心がけています。

「肯定語で話す」
自分自身でも否定語を使わないように心がけ、周りの人たちの否定語を含んだ会話も、視点が変わるような肯定語で返すようにしています。

「内部対話に質問する」
ネガティブな声が頭の中で聞こえてきたら、
 「このことから学べることはなんだろうか?」
 「10年後から見たら、今はどんなときだろうか?」
など、「犠牲者」ではなく「学習者」としての質問をすることで、ものごとに依存している状態から主体性を発揮できる状態を作ります。
参考にしている書籍はこちらです↓



「心を安定させるための訓練」
石井裕之さんの書籍「強いリーダーはチームの無意識を動かす」にかかれている4つのことを心がけています。
それは、①走らない ②しゃべらない ③ジャッジしない ④感謝する です。
参考にしている書籍はこちらです↓



「夜のパワーアップクエスチョン」
寝る前に、自分自身に質問します。
 今日は何を学んだだろうか?
こんな質問をいくつか自分自身にしてから眠りにつきます。

以上の事柄を、自分自身のチャレンジとして、行っています。

書きながら振り返ってみましたが、数年前から意識して継続していることが多いようです。
少しずつ無意識にできるようになっていきたいです。

「心をフラットな状態」にして、「自分自身のあり方」を磨き続けることで、自分が目指している「人に良い影響を与えられる人」に近づいていきたい、そんな風に思っています。


みなさんは、学習に専念できる「気持ちの状態」をつくるために、意識して取り組まれていることはありますか?
スポンサーサイト
2010/06/05 10:00|未分類TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://coachhase.blog98.fc2.com/tb.php/47-a1ce019e

リンク 

このブログをリンクに追加する

検索フォーム 

RSSリンクの表示 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

QRコード 

QR

Copyright(C) 2006 コーチングで学習力アップ! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。