「志望校合格」、「資格取得」などを目標に日々勉強を頑張っているみなさん。 いっしょに「自分にあった学習法」を探してみませんか?

プロフィール 

長谷川哲夫

Author:長谷川哲夫
(財)生涯学習開発財団認定コーチ
米国NLP(TM)協会認定NLP(TM)マスタープラクティショナー
cb_bn[1]

●コーチングセッションを無料でお試しできます。
「自分自身の強みについて知りたい」
「コーチングってどんなものか、受けてみたい」
「自分がやりたいことを明確にしたい」
そんな思いをもっている方、ぜひ1度コーチングの世界を体験してみましょう!
きっと、今まで気付いていなかった本当の自分自身に気が付きます。
セッションは、電話もしくはスカイプで行います。お気軽にお申込み下さい。

パーソナルコーチング(無料お試し)受付中
お申込みはこちら↓

パーソナルコーチング(無料)



●あなたの優位感覚を診断します
このコーチングでは、優位感覚を診断し、あなたに合った学習方法について話したり、優位感覚の違いで起こっていた他者とのコミュニケーションにおけるすれ違いについて気づきが得られたりします。
セッションは、電話もしくはスカイプで行います。お気軽にお申込み下さい。

優位感覚コーチング(無料お試し)受付中
お申込みはこちら↓

優位感覚コーチング(無料)

読書カレンダー本棚ミニ 

最新記事 

カレンダー 

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント 

最新トラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリ 

FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング 

ブログランキング参加中です!

FC2Blog Ranking

ポチッと押してくれるとうれしいです。

Tetsuo Hasegawa | バナーを作成

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

こんにちは。
ラーニングコーチ、学習コンサルタントの長谷川です。

ツイッターで、以前お会いしたことのあるコーチの方とつながることができました。
今度いっしょに相互コーチングをすることになりまして、今からワクワクしています。

ツイッターやこのブログを書くことで、毎日目標に向けてどんどん加速していることを実感しています。

憧れの方、目標としている方々とどんどんつながっていけたらいいなと、夢が広がります。

さて、今日は「学習するための仕組みをつくる」ということについてお話したいと思います。


勉強を続けようと思っても、なかなか続かない。
宿題をやろうと思っても、継続しない。

こんなことってありませんか?

私はしょちゅうあります(笑)。

毎日、同じ時間を確保し、学習する習慣がつけば成果は得られます。

ただ、その習慣を身につけることが難しいんですよね。


そういう意味では、カリキュラムの決まっている学習塾や専門学校、セミナー等に通うというのは、「学習するための仕組み」になりますよね。プロの講師の方が「この時期にはこれを学習するのが良い」ということを明確に示してくれますから。

教材を使ったり、家で自分一人で行う宿題などはどうでしょうか?

勉強を習慣化するためには最初に、いつ、どこで、何を、どのように学習するかをイメージすることが大事であると思います。

例えば、宿題をよく忘れてしまうお子さんには、「いつこの宿題をやるの?」と聞いてみます。
そうすると、お子さんが「明日の夜、学校から帰ってごはんを食べてからすぐやる」と答えたとします。

本当にできるのかどうか、妨げになることも聞いてみると良いですね。
「明日宿題をやろうと思ったとき、やろうという気持ちを邪魔することってないの?」

例えば、「ゲーム」「TV」「メール」「電話」「漫画」「ジャニーズのDVD」など、いろいろあがってきますね。

では、その妨げになることをどうやって抑えながら勉強するのか聞いてみます。

「テスト前だから、ゲームは預かっていてもらう」
「携帯の電源はきっておく」
「好きなテレビは電源を切っておく」
「家だと誘惑に負けちゃうから、塾で自習する」

色々アイデアが浮かびます。
これが、「学習するための仕組み」になりますよね。

あとは、その仕組みでうまく学習ができるかどうか聞いてみます。
「それで勉強できそう?じゃあ、ご飯を食べてから勉強机に向かって、宿題が完了するまでイメージしてみよう」

実際にやってみてうまくいったら、それを続けるように声をかけられますし、うまくいかなかったら別の仕組みを考えればいいですよね。


私自身、仕事をしながら午前中に学習時間をとるために、いろいろな仕組みを検討し、実践してきました。
1番うまくいったのは、「午前0時にアラームをセットすること」でした。

分かりますか?
分かりませんよね。

朝起きて勉強するためには、早く起きる必要があります。
早く起きるためには、早く寝てバランスのとれた睡眠をとる必要がありますよね。
そして、早く寝るには、早く帰宅する必要があります。

終電まで仕事をすると、早く帰れません。
早く帰るには、早く仕事場を出る必要があります。

アラームをセットしておくと、家の中でうるさく音がなるので、早く帰らないと近所迷惑になります。
お隣さんには、小さなお子さんがいるのでなおさらです。

「赤ちゃんが起きちゃうんで、先にあがります」といって、仕事を早めに切り上げていました。
「お前の子じゃないだろ」と周りの方々につっこまれていましたが(笑)。

早く帰るために、仕事のスピードも速くなったことや、早めに出社して仕事をするようになったことなど、メリットもたくさんありました。


学習を継続するために、「学習する仕組みをつくる」ことはとても大事です。

ただ、この「仕組みをつくる」というのは、「行動」に焦点をあてているので実行しやすいのですが、継続するために前提となることがあります。

それは、「なんで学習するのか?」ということです。

みなさんは、なんで学習しているのですか?
スポンサーサイト
2010/06/07 10:00|学習法TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://coachhase.blog98.fc2.com/tb.php/49-6e6afab3

リンク 

このブログをリンクに追加する

検索フォーム 

RSSリンクの表示 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

QRコード 

QR

Copyright(C) 2006 コーチングで学習力アップ! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。