「志望校合格」、「資格取得」などを目標に日々勉強を頑張っているみなさん。 いっしょに「自分にあった学習法」を探してみませんか?

プロフィール 

長谷川哲夫

Author:長谷川哲夫
(財)生涯学習開発財団認定コーチ
米国NLP(TM)協会認定NLP(TM)マスタープラクティショナー
cb_bn[1]

●コーチングセッションを無料でお試しできます。
「自分自身の強みについて知りたい」
「コーチングってどんなものか、受けてみたい」
「自分がやりたいことを明確にしたい」
そんな思いをもっている方、ぜひ1度コーチングの世界を体験してみましょう!
きっと、今まで気付いていなかった本当の自分自身に気が付きます。
セッションは、電話もしくはスカイプで行います。お気軽にお申込み下さい。

パーソナルコーチング(無料お試し)受付中
お申込みはこちら↓

パーソナルコーチング(無料)



●あなたの優位感覚を診断します
このコーチングでは、優位感覚を診断し、あなたに合った学習方法について話したり、優位感覚の違いで起こっていた他者とのコミュニケーションにおけるすれ違いについて気づきが得られたりします。
セッションは、電話もしくはスカイプで行います。お気軽にお申込み下さい。

優位感覚コーチング(無料お試し)受付中
お申込みはこちら↓

優位感覚コーチング(無料)

読書カレンダー本棚ミニ 

最新記事 

カレンダー 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント 

最新トラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリ 

FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング 

ブログランキング参加中です!

FC2Blog Ranking

ポチッと押してくれるとうれしいです。

Tetsuo Hasegawa | バナーを作成

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

こんにちは。
ラーニングコーチ、学習コンサルタントの長谷川です。

夏休みになりました。
学習指導をさせていただいている生徒さんたちは、どんどん日に焼けて元気に学びにきてくれています。

先日、新聞でプロ野球元読売巨人軍の桑田真澄さんのお話が載っていました。

「球児たちへ 野球を好きになる七つの道」というタイトルでした。

読んでみて、「これは子どもたちにも伝えたい」と思い、新聞片手に語ってしまいました。


「みんなプロ野球の巨人で活躍した桑田さんって知ってる?」

男の子だけでなく、女の子もけっこう知っていました。

「巨人で活躍して、173勝も上げたピッチャーで、野球を引退してから早稲田大学の大学院に進学したんだって。去年の春に卒業して、そのときに書いた論文が最優秀論文賞になったそうだよ。その論文を書くために、現役のプロ野球選手たちにインタビューをしたんだけど、ちょっとみんなに質問してみるね」

「プロ野球選手はみんな高校でも野球をやっていたと思うんだけど、プロになった人たちは平日に平均で何時間くらいチーム全体で連取していたと思う?みんなも部活をやっているから、イメージしやすいよね。3時半ごろ授業が終わってから、いったいどのくらいでしょう?」


挙手確認で1時間ごとに聞いてみました。だいたい、4時間から5時間だと思うと答えた生徒さんたちが多かったです。

「正解は、平均4時間半です」

「では、次の質問。桑田選手はPL学園という高校で活躍したんだけど、そのころのPL学園は桑田・清原のコンビが有名だったり、甲子園で春夏連覇をしたり、黄金時代と呼ばれていたんだ。では、そのPL学園の練習時間は、平日では何時間だったでしょう?」


挙手確認で聞いてみますと、5時間以上という生徒さんが多かったですね。

「正解は3時間です」


結構、みんなびっくりしていました。

「桑田選手が1年生のとき、夏の甲子園で優勝したあと、監督に提案したそうだよ。その提案で、3時間という短い時間で密度の濃い全体練習は完了して、残りは個人での練習時間に当てることができたんだって」

「先生も中学と高校で少し野球をやっていたど、自分がノックを受けたり走ったりするより、見てるだけの時間や声を出しているだけの時間の方がながかったりするときが合ったと思うんだよ。本当に集中して全力で3時間いろいろな練習を効率よくやっていたら、体力的に3時間もたないとおもうしね」

「今日から毎日3時間みんなは勉強するわけだけど、授業中に暇になる時間って無い?みんなは部活をしているから毎日とても忙しいよね。朝6時には部活で集合して、へとへとになりながらここに来て勉強したりするじゃん。宿題とか、なかなか時間なかったりするよね。」

「授業中、答えが出て暇になる時間ってない?もし問題が解けたら、明日までの宿題をこの授業中に終わらせていいよ。この3時間、集中して頭を使い続けてみようよ」


子どもたちは夏休みですが、部活も毎日あり、学校の宿題もあり、とても忙しいですね。さらにこちらから宿題を出しても、時間的に無理なこともあると思います。

目的は、しっかり学んで勉強ができるようになること。学んだことを自分で一人でできるのかアウトプットすること。その時間を集中してとることができるのであれば、何も寝ないで宿題をやることはないはず。

終わったあと、「疲れた~」「頭使いすぎたし、忙しかった」といっていました。みなさん、いつもより集中して取り組んでいるのが分かりました。

あとは知識がしっかりアウトプットできるのか、毎回確認です。
短時間で集中して成果が出て、なにより「学ぶことが楽しい」と思えるような、そんな学習の場を提供できればと日々考え続けます。
スポンサーサイト
2010/07/22 10:00|学習法TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://coachhase.blog98.fc2.com/tb.php/96-b61609ec

リンク 

このブログをリンクに追加する

検索フォーム 

RSSリンクの表示 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

QRコード 

QR

Copyright(C) 2006 コーチングで学習力アップ! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。