「志望校合格」、「資格取得」などを目標に日々勉強を頑張っているみなさん。 いっしょに「自分にあった学習法」を探してみませんか?

プロフィール 

長谷川哲夫

Author:長谷川哲夫
(財)生涯学習開発財団認定コーチ
米国NLP(TM)協会認定NLP(TM)マスタープラクティショナー
cb_bn[1]

●コーチングセッションを無料でお試しできます。
「自分自身の強みについて知りたい」
「コーチングってどんなものか、受けてみたい」
「自分がやりたいことを明確にしたい」
そんな思いをもっている方、ぜひ1度コーチングの世界を体験してみましょう!
きっと、今まで気付いていなかった本当の自分自身に気が付きます。
セッションは、電話もしくはスカイプで行います。お気軽にお申込み下さい。

パーソナルコーチング(無料お試し)受付中
お申込みはこちら↓

パーソナルコーチング(無料)



●あなたの優位感覚を診断します
このコーチングでは、優位感覚を診断し、あなたに合った学習方法について話したり、優位感覚の違いで起こっていた他者とのコミュニケーションにおけるすれ違いについて気づきが得られたりします。
セッションは、電話もしくはスカイプで行います。お気軽にお申込み下さい。

優位感覚コーチング(無料お試し)受付中
お申込みはこちら↓

優位感覚コーチング(無料)

読書カレンダー本棚ミニ 

最新記事 

カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント 

最新トラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリ 

FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング 

ブログランキング参加中です!

FC2Blog Ranking

ポチッと押してくれるとうれしいです。

Tetsuo Hasegawa | バナーを作成

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

こんにちは。

ラーニングコーチ、学習コンサルタントの長谷川です。

ここ数年、心がけていることがあります。

それは、「この場にいない人のネガティブな話をしない、聞かない」ということです。

友人にも言われました。

「あなたは、他の人のうわさ話が始まると、すぐ席を外すよね」

その場がたとえ白けても、自分の心がフラットな状態を保つために、意識してしまうんですよね。


この場にいない人の「ポジティブな話」は大好きです。

学びがあるし、エネルギーが高まりますから。


2011/07/05 03:32|未分類TB:0CM:0

 

こんにちは。

ラーニングコーチ、学習コンサルタントの長谷川です。

ブログを再開して、1ヶ月以上たちました。

毎日続いてますね~。

習慣化してきたようです。

習慣化のポイントは、「必ず毎日行う」こと。

「必ず毎日行う」ことを続ければ、やりたいことが毎日続きますから。

え?それができないって?


「完了することできたら何かをしてもいい」ということをルールにいれるといいですよ。

私の場合、「ブログを書き終えたら寝てもいい」というルールがあります(笑)。

2011/06/30 00:19|未分類TB:0CM:0

 

こんにちは。

ラーニングコーチ、学習コンサルタントの長谷川です。

仕事場で、「不満がたまったとき、話せる相手はいるの?」と聞かれることがあります。

私は、「う~ん、不満を話す相手はいないかもしれないな」と答えます。

私のビリーフとして、「否定的な話や不満を話すべきではない」というのがあるんだと思います。


社会人になったばかりのころ、ある方に相談というか、不満を話したことがあります。

で、1週間くらいで自分のもとに戻ってきたんですよね。

色々と話が大きくなって。


たぶん、そのときの経験などからこのビリーフは作られたのかもしれません。


コーチングを学んで良かったことの1つは、

「コーチには守秘義務がある」ということを知ったことです。


例えば、私が誰かの相談にのるときには、「私はコーチなので、守秘義務があります。ここでの会話は他ではお話しません」と約束できるんですね。


私自身が不満をためているようなときは、どうするか。

守秘義務のある、私ののコーチとのコーチングセッションで、未来に向けての話をします。

現状に対する不満のエネルギーを、未来に向けて発散するんですね。

楽しい未来や目標に向けての話をして、すっきりしたところで、現状の問題点と向き合います。


周りになかなか自分自身のことを相談する人がいないなぁというとき、自分にあったコーチをつけてみるのもいいかもしれませんね。
2011/06/29 01:20|未分類TB:0CM:0

 

こんにちは。

ラーニングコーチ、学習コンサルタントの長谷川です。

本日は、ひさしぶりの休日です。

以前から実家の両親と約束していた、「地デジ対応のTVをプレゼント」する日です。

昨日の母からの電話では、「お店で買うものを決めた」とのことなので、昼過ぎには実家に帰って買い物にいきます。

なかなか親孝行ができていなかったので、「両親にTVをプレゼントしなさい」という、私の妹の提案には感謝です。

さて、どんな1日となることやら。楽しみですね。
2011/06/26 02:43|未分類TB:0CM:0

 

こんにちは。

ラーニングコーチ、学習コンサルタントの長谷川です。

学習指導をさせていただいている中学校の生徒さんたちの、学校の定期試験が終わり、結果がかえってきました。

まずは、試験前にたくさん勉強してきたことへのねぎらいと承認の言葉がけをすることで、エネルギーを高めることと、自分自身で頑張りを認めることで、自己肯定感を高めることを目的とし、ヒーローインタビューをしました。

ヒーローインタビューは、「トーキング・スティック」をもった人が話をし、まわりの人は「うんうん」と黙って話をきくという形で行なっています。


「トーキング・スティック」はこんなやつです↓
tool_stick[1]


生徒さんたちに話をしてもらうのは、「今回のテストで1番良かった科目」と「みんなに伝えたい、オススメ勉強法」です。

話終わった生徒さんの話をオウム返しをしたり、承認したりしながら、そのあと「おつかれさまでした!」とみんなで拍手をして、そのあと「トーキング・スティック」を次の人に回していきます。

今回の定期試験でとても良い結果だったある生徒さんが、こんな話をしてくれました。


生徒さん 「おすすめ勉強法ですが、勉強の合間の休憩中には、テストで良い結果で喜んでいる自分を想像していました」


・・・?どっかで聞いたような話だなぁ・・・


長谷川 「人はイメージしたように行動するから、良いイメージを意識することはとても効果がありますよね。どこでそんなことを学んだんですか?」
 
生徒さん 「長谷川先生です」


・・・?

長谷川 「え?いつそんな話をしましたっけ?」


生徒さん 「前に、黄色い象をイメージしないでくださいとか、話してくれましたよね」


・・・!


調べてみたら、1年くらい前に話してました↓
2010年7月1日の記事「なぜ否定語を使わない方が良いのか?」

同じクラスの生徒さんたちもその話を覚えていたようで、驚きました。

話した自分が忘れているなんて(汗)・・・

学習指導をする人の言葉がけが、子どもたちにとても大きな影響を与えるということ、そして日々の言葉の重みや大切さをあらためて気づかせてくれました。

ありがとう!
2011/06/23 02:40|未分類TB:0CM:0

リンク 

このブログをリンクに追加する

検索フォーム 

RSSリンクの表示 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

QRコード 

QR

Copyright(C) 2006 コーチングで学習力アップ! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。