「志望校合格」、「資格取得」などを目標に日々勉強を頑張っているみなさん。 いっしょに「自分にあった学習法」を探してみませんか?

プロフィール 

長谷川哲夫

Author:長谷川哲夫
(財)生涯学習開発財団認定コーチ
米国NLP(TM)協会認定NLP(TM)マスタープラクティショナー
cb_bn[1]

●コーチングセッションを無料でお試しできます。
「自分自身の強みについて知りたい」
「コーチングってどんなものか、受けてみたい」
「自分がやりたいことを明確にしたい」
そんな思いをもっている方、ぜひ1度コーチングの世界を体験してみましょう!
きっと、今まで気付いていなかった本当の自分自身に気が付きます。
セッションは、電話もしくはスカイプで行います。お気軽にお申込み下さい。

パーソナルコーチング(無料お試し)受付中
お申込みはこちら↓

パーソナルコーチング(無料)



●あなたの優位感覚を診断します
このコーチングでは、優位感覚を診断し、あなたに合った学習方法について話したり、優位感覚の違いで起こっていた他者とのコミュニケーションにおけるすれ違いについて気づきが得られたりします。
セッションは、電話もしくはスカイプで行います。お気軽にお申込み下さい。

優位感覚コーチング(無料お試し)受付中
お申込みはこちら↓

優位感覚コーチング(無料)

読書カレンダー本棚ミニ 

最新記事 

カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント 

最新トラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリ 

FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング 

ブログランキング参加中です!

FC2Blog Ranking

ポチッと押してくれるとうれしいです。

Tetsuo Hasegawa | バナーを作成

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

こんにちは。
ラーニングコーチ、学習コンサルタントの長谷川です。

最近、急に涼しくなってきました。
周りでは、風邪が流行っているようです。
みなさんは大丈夫ですか?

「目標を達成できる人」とはどんな人なのか、最近よく考えています。

ポイントは「イメージ」と「行動」ではないかなと。


まずは、「イメージ」。

「それが達成できたとき、その先に何が待っているのか」

「それを達成したとき、その後どんな毎日を送っているのか」

「それが達成されたと、どんな気持ちでいるのか」

ゴールの先のメタアウトカム、ワクワクする未来が思い浮かべられると、とてもモチベーションが上がりますね。


「自分はそれを達成するだけの人であるのか」

「それはぜったい達成できるのか」

自分自身のセルフイメージが、理想の状態にどれだけ近づけるか。
よく言う「自信がある状態」でいられるか。

これら、メタアウトカムのイメージに、セルフイメージが近づいていればいるほど、行動が早くなります。

そして、「何をすべきか」という行動面のヒントは、アンテナが立っているので、どんどん引き寄せられます。


これらの「イメージ」を強くするために、コーチングという手法はとても有効だなと確信しています。


いつも応援ありがとうございます。
ポチっと押していただけると、目標が達成できます!

2010/10/03 10:00|目標管理TB:0CM:0

 

こんにちは。
ラーニングコーチ、学習コンサルタントの長谷川です。

今日は、「脳のはたらきを学習に活かす」というお話をさせていただきます。
このお話は、昨日、学習指導をしている生徒さんたちにお話しました。

「みんなは、目標を立てることって好きですか?」
多くの生徒さんが「好き」だとか「目標達成したことあるよ」とか、お話してくれました。

「最近では、目標を達成するために脳のはたらき方を活かすという研究もされているんだ。今日は脳のはたらきと目標達成のお話です」
「ではまず、みんなには好きな食べ物はありますか?ある人は手を挙げてみましょう。では、次に嫌いな食べ物はありますか?」

「では○○くん、好きな食べ物を嫌いな食べ物を教えてくれますか」
好きな食べ物はオムライスで、嫌いな食べ物はピーマンだそうです。

「教えてくれてありがとう。では○○くん、目の前においしそうなオムライスと生のピーマンがあったら、どちらを食べますか?そうだよね。オムライスを食べるよね」

①快・痛みの原則
「好きなこと、気持ちが良くなることは自分から求めるし、嫌いなもの、嫌なものは避けますよね。これが脳のはたらきの1つめ、快・痛みの原則です」
生徒のみなさん、まぁ当たり前だよなという顔で納得しながら聞いてくれました。

②焦点化の原則
「では今から3秒あげますので、この部屋にいる人たち全員よく観察してください。よろしいですか。では、目を閉じていまからする質問に挙手で答えてください。」

「青い服を着た人は何人いましたか?一人だと思う人?二人?三人?それ以上?」

「では、目を開けて周りの見てみましょう」
予想が当たった、外れたと盛り上がっていました。

「では、もう1度目を閉じてみましょう。では、この部屋に白い青い服を着た人は何人いましたか?一人だと思う人?二人?三人?それ以上?」

「では、目を開けて周りの見てみましょう。予想は当たってましたか?これが脳のはたらきの2つ目、焦点化の原則です。目を開けた瞬間に青い服や白い服が目に飛び込んできますよね。でも、意識する前は見ているのに覚えていない。見ているはずなのに見えていないんですね」

「好きなアイドル、芸能人の方がいたら、本屋にいったときにすぐにその人が載っている雑誌や写真集をみつけることができませんか?どんなに騒がしい場所でも、好きな音楽が聞こえてきたら気づきませんか?」
みなさん、「あるある」と、経験と結びつけているようでした。

「見たいものしか見えないし、聞きたい音しか聞こえないんですね。これが焦点化の原則です」

③空白の原則
「そして、次の原則ですが、みなさんは小さかったころ、お家の人にたくさん質問してませんでしたか?ママ、あれ何?なんて読むの?なんでこうなるの?」

「クイズやなぞなぞで、最後に答えを教えてもらわないと、すごくもやもやして気持ち悪くならない?脳は知らないこと、分からないこと、これを空白とよぶんだけど、空白を埋めようとするんだね」

「この空白をうめようとするはたらきは、寝ている間にも脳は答えを探してくれるんだよ。発明家のエジソンとかは、どうすればいいかをずっと考えていて、寝ている間にアイデアが思いつくこともあったそうです」

「そうそう、悩んだりすると、ずっと考えごとをしたり、悩み続けたりしない?これは、答えがないことの答えをずっと考え続けてしまうからだね」

「ちなみに、みなさんは普段生活する中で、毎日楽しいな~幸せだな~と思うことが多いですか?それとも、何でじぶんばっかりこんな目に遭うんだろうと思うことが多いですか?」

「いつも楽しい、幸せだな~と思っている人は、例えばおいしいものを食べると、おいしいものを食べているから幸せなんだと感じることができたり、好きな人が目の前にいると、好きな人がいるから幸せなんだなと感じたりすることができたりするそうです。自分が幸せであるということの答えを脳が探し続けているので、何がおきても幸せであることの理由付けになるんでしょうね」

「いつも何で自分ばっかりと考えることが多いと、例えば石に躓けばやっぱり自分ばっかりと思うし、何かが起るたびに自分ばかりこんな目にという理由になってしまうんだね」

「さて、目標達成の仕方ですが、まず目標は自分にとって快につながっているほうがよさそうですね。これが達成できたら良いことがあるぞと。そして、目標は意識し続けると、焦点化の原則で情報が入ってきやすくなりますね。あとは、どうすればこの目標が達成できそうかといつも思っていれば、答えが見つかりやすくなるし、行動も起こしやすくなりますね」

だいたいこんな感じのお話をしました。
何かを感じ取って、少しでも前向きになってくれればいいいですね。

本日の記事の参考文献です。



いつも応援ありがとうございます。
ポチっと押していただけると、記事を書くモチベーションが高まります!

2010/07/30 10:00|目標管理TB:0CM:0

 

こんにちは。
ラーニングコーチ、学習コンサルタントの長谷川です。

こちらの地域はだいぶ暖かく(暑く?)なってきました。みなさんのところはいかがですか?
私は1年の中でも、梅雨前の夏に向かうこの時期が1番エネルギーが高まっている気がします。

さて、本日は目標管理⑤をお話したいと思います。

目標管理①~④までで、なんとなく「こうなりたいな」という自分が見えてきて、いくつかの目標(アウトカム)が出てきたら、「見える化」します。

5年後くらいまでの目標、プランを「いつまでに」という期限を設けて手帳に記入するなどしてみると良いと思います。

私は、以前は手帳に記入していましたが、今はスケジュール管理を「check pad」というインターネット上のサイトで行っているので、この「check pad」に入力しています。

わくわくすること、楽しみなことを書くと、どんどんエネルギーが高まりますね。

実は、私は「見える化」した目標を時々しか見ていないのですが、気づいたら達成できていることが多いです。目標管理①~④で紹介した「アファメーション」や「タイムラインのワーク」等で目標が潜在意識に染み渡っているので、頑張っているつもりがなくても、勝手に体が動くというか、気づいたらやっているんですよね。

そう考えると、無意識に働きかけるワーク等は、効果が大きいだけに使い方には気をつけないといけないなと思います。
2010/05/28 10:00|目標管理TB:0CM:0

 

こんにちは。
ラーニングコーチ、学習コンサルタントの長谷川です。

目標管理④、いってみたいと思います。

目標管理①~③で、自分の価値観に沿ったビジョンを明確にするというテーマでお話してきました。

ビジョンについては、すぐに明確になるものではないので、コーチングセッションやNLPのワーク等で自分の言葉で語り、繰り返し意識することが必要だと思います。

また、アファメーションを読むことで無意識に染み込ませて、目標にむけてのアンテナが立っている状態を作り出すことが重要だと思います。

顕在意識、潜在意識にはたらきかける中、さも「実現している自分」のように語り、振舞うことも効果があるようです。

そうすると、気がつくとビジョンに向けて必要な情報や人が集まってくるんですね。

次は、具体的に何を行うべきかをブレインストーミングします。

いつまでに、どうなっていたいのか。

何ができているといいのか。

まずは、思いつく限り、必要なこと、やりたいことを紙に落とし込みます。
ブレインストーミングでは、マインドマップは書きながら思考が深められるので、けっこう使えます。

アイデアが出し尽くしてきたころ、ライフバランスが整っているかに気をつけて、期限と目標を明確にしていきます。

時系列での目標が完成したら、見えるところに貼ったりしておきます。

私は、これをcheck padに入力しています。今年は11個の目標(アウトカム)を書いているんですが、5月までに5つ達成することができました。


やりたいことをたくさん書いてあるのを見ると、未来に向けてとても楽しみになってきます。

この目標管理の方法は、特別頑張らず、あまり意識しなくてもいつのまにかやっているんで、なかなかお奨めできますよ。

2010/05/21 01:15|目標管理TB:0CM:0

 

こんにちは。
ラーニングコーチ、学習コンサルタントの長谷川です。

突然ですが問題です。
下記は、ある有名な方の小学6年生のときの作文です。
その方は誰でしょう?

僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。そのためには、中学、高校と全国大会にでて活躍しなければなりません。

活躍できるようになるためには練習が必要です。僕は3才の時から練習を始めています。3才から7才までは半年くらいやっていましたが、3年生の時から今までは、365日中360日は、激しい練習をしています。だから1週間中で友達と遊べる時間は5~6時間です。そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球選手になれると思います。

そして中学、高校と活躍して高校を卒業してからプロ野球選手になれると思います。そしてその球団は、中日ドラゴンズか、西部ライオンズです。ドラフト入団で、契約金は、1億円以上が目標です。

僕が自信のあるのが投手か打撃です。去年の夏、僕たちは全国大会にいきました。そして、ほとんどの投手を見てきましたが、自分が大会ナンバーワン選手と確信でき、打撃では県大会4試合のうちホームランを3本打ちました。そして、全体を通した打率は、5割8分3厘でした。このように自分でも納得のいく成績でした。そして僕たちは1年間負け知らずで野球ができました。

だから、この調子でこれからも頑張ります。そして、僕が一流選手になって試合に出られるようになったら、お世話になった人に招待状を配って応援してもらうのも夢の一つです。

とにかく一番大きな夢はプロ野球選手になることです。


答えは、続きにあります。

▽続きを読む▽
2010/05/17 00:23|目標管理TB:0CM:0

リンク 

このブログをリンクに追加する

検索フォーム 

RSSリンクの表示 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

QRコード 

QR

Copyright(C) 2006 コーチングで学習力アップ! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。