「志望校合格」、「資格取得」などを目標に日々勉強を頑張っているみなさん。 いっしょに「自分にあった学習法」を探してみませんか?

プロフィール 

長谷川哲夫

Author:長谷川哲夫
(財)生涯学習開発財団認定コーチ
米国NLP(TM)協会認定NLP(TM)マスタープラクティショナー
cb_bn[1]

●コーチングセッションを無料でお試しできます。
「自分自身の強みについて知りたい」
「コーチングってどんなものか、受けてみたい」
「自分がやりたいことを明確にしたい」
そんな思いをもっている方、ぜひ1度コーチングの世界を体験してみましょう!
きっと、今まで気付いていなかった本当の自分自身に気が付きます。
セッションは、電話もしくはスカイプで行います。お気軽にお申込み下さい。

パーソナルコーチング(無料お試し)受付中
お申込みはこちら↓

パーソナルコーチング(無料)



●あなたの優位感覚を診断します
このコーチングでは、優位感覚を診断し、あなたに合った学習方法について話したり、優位感覚の違いで起こっていた他者とのコミュニケーションにおけるすれ違いについて気づきが得られたりします。
セッションは、電話もしくはスカイプで行います。お気軽にお申込み下さい。

優位感覚コーチング(無料お試し)受付中
お申込みはこちら↓

優位感覚コーチング(無料)

読書カレンダー本棚ミニ 

最新記事 

カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント 

最新トラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリ 

FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング 

ブログランキング参加中です!

FC2Blog Ranking

ポチッと押してくれるとうれしいです。

Tetsuo Hasegawa | バナーを作成

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

こんにちは。
ラーニングコーチ、学習コンサルタントの長谷川です。

最近、仕事場のスタッフの方々や友人から、「仕事と学びの両立」、「資格試験の学習法」などの相談を受ける機会が多いです。

私にとっては、これはとてもうれしいことです。

それは、「その人に少しでも役立てることがあるかも」という思いだけでなく、「自分自身、どうやって学んでいたのか」ということを省みる貴重な時間となるからです。


私がいつも意識している「学びを継続し、成果を上げるために必要なこと」は、

学ぶための自己基盤を作ること。



仕事に行く前の時間を確保するために、早く寝て早く起きること。

十分な睡眠をとること。

学習に集中できる精神状態を維持するために、適度な運動と体にの良い食事を心がけること。

午前中、陽にあたる時間をとること。

目標の先についての話を聞いてもらい、ビジョンを描き続けるために、信頼できるコーチをつけること。

気がかりなこと、未完了を完了させ、学習に向かえるエネルギーを高めること。

「これなら無理なく学習が続けられる」という確信がもてる、自分にあった学習法をみにつけること。


「ほとんど勉強と関係ないんじゃない?」と思えるような日常の生活スタイルが、実は学習の成果に大きく影響します。


あとは、学習を継続するための自分にあった仕組みを作り、それを3週間続ければ、必ず習慣化します。


そして、「頑張らなくても目標に向かっている状態」になったとき、気づいたら目標が達成できています。


という話をいつもしているのだが、聞いている方は「???」なんだろうな・・・。



2011/03/01 23:59|学習法TB:0CM:0

 

こんにちは。
ラーニングコーチ、学習コンサルタントの長谷川です。

ひとりひとりにあった「学習の仕方」を学ぶ場の必要性を強く感じています。

勉強を学ぶのではなく、勉強の仕方を学ぶところを。


楽しく絵を描くように。

楽しく物語を聞いたり話したりするように。

楽しく音楽を聴いたり演奏したりするように。

楽しくパズルを解くように。

楽しく空想にふけるように。

楽しく予定をたてるように。

楽しく運動するように。


優位感覚に合わせるでなく、未発達な感覚も開発できる、そんな楽しい「学習法開発プログラム」。


私が人生をかけてやりたいことの1つです。



今日のありがとう貯金

楽しい時間が過ごせました。ありがとう!
2011/01/27 23:58|学習法TB:0CM:0

 

こんにちは。
ラーニングコーチ、学習コンサルタントの長谷川です。

勉強では、まず知識を覚えるところから始まりますよね。

「知識の暗記」って、どうやるんでしょうか。

見て覚えるんでしょうか?

読んで覚えるんでしょうか?

書いて覚えるんでしょうか?


10年以上学習指導をしてきまして、今までいろんなタイプの生徒さんと出会いました。

ホワイトボードを写真に写すように映像として覚えられる人。

円周率をフルートの音色で50ケタくらい覚えている人。

自分で覚えたことを人に話したり、教えたりして理解を深める人。

とにかく書きまくる人。

声に出しながらリズムで覚える人。


人によって優位感覚が違うので、覚え方に正解はないと思いますが、「自分はこうすれば絶対に覚えられる」という信念をもっている人は強いなと思います。

そのやり方で暗記するまで覚えるますから。

ちなみに、最近の私の暗記法は、ぶつぶつ言いながらカラフルにマインドマップで体系だてて書いて、ごろ合わせをつくり、そのマップを見ながら説明をしたりすると覚えるのが早いです。

あと、歩きながら「あれはなんだっけ」と思い出したりするのも、自分には有効です。

聴覚と言語感覚優位の方にはおすすめできるかも。
2010/12/24 10:00|学習法TB:0CM:0

 

こんにちは。
ラーニングコーチ、学習コンサルタントの長谷川です。

周りでは、風邪が流行りはじめているようです。
私も、先週末からまだ体調が万全ではないのですが、なんとかやっています。

みなさんはお元気ですか?

今日は、「強みを活かした学習法」についてのお話です。

下で紹介している書籍で、強みを調べることができます。
なお、私の強みは「学習欲」、「目標思考」、「分析思考」、「内省」、「収集心」です。



成功を収めたすべての人に共通するのは、自分の才能とその活かし方を知っていること。それがわかれば、欠点さえ強みになる。さあ、あなたの眠れる強みは何か。自分の強みがわかるウェブサイト「ストレングスファインダー」へのアクセスID付き。

何かを学ぶとき、最初に何をしますか?

私は、「どんな自分になりたいか」をイメージし、そのために「何を学ぶべきか」を明確にします。
ここに時間をかけます。


学ぶ目的が明確になったところで、次は出来る限り幅広く知識をインプットするために、大量に書籍を読みます。

そして、書籍を読んでもイメージできないことが多いので、セミナーや講義等で学びます。

実は、書籍を読んで語句を知っていたりするので、講義の内容がよく理解できるんですね。予習をして授業に臨んでいる感じです。

あとは、とにかく日常でアウトプットします。

周りの人に話したり、ブログに書いたりして知識を整理します。


「人に教えられるよう、自分なりの言葉、具体的な事例を用いて説明できるようになる」ところまでアウトプットし続けることを意識します。



私の1番の強みは、「学習欲」なのですが、なんでも学びたいというわけではないんですね。
「自分にとって学びたいこと」を学ぶことが好きなようです。

そのため、一番最初の「なりたい自分」をイメージし、「何を学ぶべきか」を明確にするところですべて決まってしまいます。

これは、定期的にコーチングを受けていることがとても大きいですね。
「目標思考」が刺激されます。


そして、書籍を大量に読むところは、「収集心」が刺激されることが大きいです。

本棚に書籍が並ぶだけで、勉強している気分になるんです(笑)。

予習をしてから参加するセミナーや抗議では、自分だけで学んだことと抗議の内容を比較できるので、「分析思考」が刺激されます。


そして、ブログを書くことで、「内省」を活かせます。


自分自身の強みを知り、それを学習に活かすと、とても効率が上がるように思います。


みなさんの強みは何ですか?

また、その強みを学習にどう活かしていますか?
2010/11/04 02:51|学習法TB:0CM:0

 

こんにちは。
ラーニングコーチ、学習コンサルタントの長谷川です。

みなさんは、何かをイメージすることが得意ですか?

今日は、「イメージ」に関するお話です。


イメージできたことは行動に移しやすくなります。
行動するためには、「イメージする力」がとても重要だなとつくづく思います。

そして、私はもともと「イメージすること」がとても苦手です。

実は、コーチングやNLPの学習をはじめたばかりのころにやっと、自分は「イメージすること」が苦手であるということに気づいたんですね。

過去を思い起こすと、「イメージすること」が苦手なために上達しなかったことがたくさんあるなと思い返しました。

例えば、うまく字が書ける人は、まず「書く字」の完成図をイメージして、それにのせるように書くそうです。
また、小説などの文章を書く人たちは、イメージしたことを文章で表現すると聞いたことがあります。

私は、字や文章は書きながらなんとなく完成に近づけていくので、書いてみないとわからないということになるんですね。

スポーツが上達するためにも「イメージトレーニング」が重要だそうです。
「イメージどおりに体が動く」といいますよね。

私は、イメージしながら運動をした経験があまりありません。
そりゃ、うまくならないはずです。



不思議なんですが、最近では「イメージすること」がだいぶ苦労せずにできるようになってきました。

未来を少しずつリアルにイメージすることが出来るようになり、それによって早く行動に移せるようになってきたと実感しています。

以前読んだこちらの書籍が、「イメージする力」をつけるのにとても役立ちました↓




この書籍によれば、どうやら「イメージすること」が上達するコツは、「イメージしたもの」を五感を使って声に出して、現在形で表現することを日常的に行うことだそうです。

「今、○○が見えています。色は○○で、質感は○○な感じです。静止画で平面で見えています」
「今、○○の音が聞こえます。○○という声がします。ゆっくりと落ち着いた口調の声です」
「今、体の感覚は○○です。温かい感じがします」
「匂いは○○です。味は○○な感じがします」


実は、コーチングやNLPで質問されたときには、五感を用いて表現することが多いので、日常的にやっていたんですね。


「イメージする力」をつけるコツは、「イメージしたこと」を五感を使って現在形で表現する。


みなさんが表現したい「イメージ」は何ですか?

2010/11/03 02:16|学習法TB:0CM:0

リンク 

このブログをリンクに追加する

検索フォーム 

RSSリンクの表示 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

QRコード 

QR

Copyright(C) 2006 コーチングで学習力アップ! All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。